読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光だけどアメリカンショートヘア

文献在宅にとって、自身の力作がハリウッドフィルム化は有難い訳。知名度が飛躍的にのぼり、新設信者も出来上がり、流石富にもなるはずです。しかし、虎の巻と全く異なる行程にされてしまったら?

今回はCheetSheetがピックアップした、興行的には大エライにもかかわらず、作者が不愉快を携えるフィルムをご紹介します。
「シャイニング」

スタンリー・キューブリック指揮の公式作品はホラーの名作として大きく知られていますが、作者のスティーブン・皇族から酷く嫌われておるというのは有名な筋道。

皇族は何度も非難的評論をしており、とにかくヒーローの性質を変更したことに大きな不愉快を携えるようです。

つい先日も、ローリング・ストーンに対して皇族氏が不愉快の事情を語りました。

“ 文献ではジャック・トランスのユニークアークが敢然と描かれていらっしゃる。彼氏は善人になろうと切歯扼腕したのです。しかし、フィルムでは最初から頭がおかしい人様にされているのです ”
「目覚ましじかけのオレンジ」

スタンリー・キューブリック指揮はオーソリティーでありながら、作者に嫌われるフィルムを設ける傾向がある青写真……。

「シャイニング」みたい「目覚まし落とし穴のオレンジ」は世的にはクラシックな名作とされていますが、作者のアンソニー・バージェスは執筆したことを後悔するほど、フィルム編を恨んでいる。

アンソニー・バージェスといえばこちら、といわれるほど有名な私の「目覚まし落とし穴のオレンジ」は、わずか3週できつい暴力と性を描いたフィルムの虎の巻としてバレるようになってしまいました。こういうフィルムは、身が文献の中で伝えたかったことをユーザーに間違いさせ、その間違いは身が死ぬまでつきまとうでしょう。こんなことに達するなら、こんな公式は書かなければ良かったとすら思います ”
ロアルド・ダール夢のチョコレート工場

1971年に公開されたメル・スチュアート指揮の「夢のチョコレート工場」は、多くの先方に愛され積み重ねる名作ファミリーフィルムですが、作者のロアルド・ダールはこういうフィルムを嫌気しています。

彼氏はウィリー・ウォンカを演じたジーン・ワイルダーの入会が気持ちに食わなかっただけでなく、虎の巻を逸脱したデヴィッド・セルツァーのスクリプトにも失望したそうです。

人探し【家出調査・行方不明調査】を探偵に依頼するべき理由
そしてゴールデン切符を手に入れた少年ではなく、チョコレート工場の人たちに焦点をあてた対話拡張だったことに最も腹を立てたとの訳。ダール氏にとってはチャーリーのはなしだった結果、根気ならなかったようです。